スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場検証と過積載(林檎)

月曜日のぴいすの骨折事故の現場検証の写真をレポートしま~す。

現場 :学校のプレイグラウンド、遊具にて。
加害者:ぴいす
被害者:同じ


Photo-0004_20091112210443.jpg
ぴかが立っているところが加害者が飛んだ地点。
(加害者は現在登ることを禁じられているためぴかが代役)

Photo-0006_20091112210442.jpg
加害者が飛び降りて着地した地点。(加害者本人実演)
こうして足で着地した後に前につんのめって転んだんだそう。



・・・はぁ、アホです。
彼には、この経験からこれからの人生に必要な何か(っつーか主に慎重さ)を学んで欲しいと切に願っておりますが、どうにもまわりのみなさんが優しくてナイスなのでこのシチュエーションを楽しんでいる様に見えて心配。

今日、ギプスをした野蛮人ことぴいすと兄弟喧嘩をしたしし、仕返しをしようとして誤ってギプスの手に当たってしまいぴいすは大泣き、わたしには大目玉、という目にあった彼は、この貼紙とともに部屋にこもりました。
Photo-0011_20091112210439.jpg

伏せ字は名前で、『No ぴいす!』と書かれています。
さてさて、落ち着いた頃なので一緒に晩ご飯をしましょうか。

最後に、お口直しの過積載チャリシリーズ。

Photo-0009_20091112210441.jpg

林檎号でした~。

スポンサーサイト

No more superhero!

長い、長い一日でした。昨日の朝からお昼前までは、それは楽しかったのです。

昨日、朝からともだちと肉市場へ買物に、帰宅して戦利品の輸入冷凍肉を冷凍庫に詰めて、ジョーママの家に行きお下がりのお洋服をいっぱいもらってほくほくして、今度は中国大酒店の向いの旧・コンベンションセンター一面に繰り広げられている巨大バーゲン会場へ。久々の仲良し友達とのお買い物でワクワクうきうき。



と、そこへかかってきた一本の電話。
こどもたちの通う小学校の看護婦さんがえらい取り乱した様子で、

『たっ大変ですっっ!ぴいすの腕がおそらく折れています!見るからにまっすぐではないんです!早く来て下さい!!!!』


楽しいひと時は一瞬で吹き飛んだのでした。。。�������

ジョーママに車の手配をしてもらい、即座に学校へ。このような非常事態でも学校は地元の病院に子供を送ることはしませんし、親の許可なく痛み止めなどの薬も与えることはできません。
道すがら行きつけの外国人向け医院に予約と医師の手配の電話をし、あわてて保健室へ駆け込めば、そこには、添え木を当てて包帯をぐるぐる巻きにされた右下腕を三角巾で吊ってぐったりとした哀れなぴいすの姿。

そのまま病院へ駆け込み、レントゲン写真。
医師曰く「非常に深刻です」とのこと、要手術と言われ、くらくらする小心者のわたし。

Photo-0041.jpg  Photo-0003_20091106180627.jpg衝撃映像です、ごめんなさい!


下碗部の2本の骨がポッキリ折れてしまっているので、ギブスの固定だけでは不確実とのこと。地元の整形科の先生にもきてもらい、彼のための最善の治療法について話し合うことしばし。しかし、中国での手術には不安があるうえ、ぴいすの怪我の場合は傷口が開いていないため優先順位が低く、入院の部屋が空くまで早くても2日、最悪来週月曜まで入院と手術を待たねばならないと言うのです。
さんざん悩んで、沢山話し合い、できる限りの情報を教えてもらい、結局わたしたちが出した結論は、香港の医療を受けさせる、でした。
添え木と包帯はしているものの折れた骨のまま移動し、全身麻酔の手術を受けることを考え、夫婦二人で付き添うことにしました。そう、長男、次男はお留守番、コンシェルジュと近所のお友達にいざと言うときのお願いをして旅立ちました。こうしてぴいすとパパと、初めて香港行きの電車に乗り、2年前広州引越当時以来足を踏み入れていなかった香港の地へ。

そして、無事夜の8時には入院できました。手術は、なんと午前1時半から3時まで行われました。Photo-0008.jpg
パパとやきもきして待ったドアの前。彼が麻酔で眠りにつく前までは中の手術室に一緒にいさせてもらったのですが、ガスの麻酔を口から吸い出したら、本当にウソみたいに眠りに落ちるんですね。目がくるんくるんと2回まわったと思うとこてんと眠ってしまいました。術後このドアから出てきた時には既に目を覚ましていました。

ビフォー:Photo-0007.jpg アフター:Photo-0029.jpg
インフルエンザ対策でマスクが入館者全てに与えられます。
それにしても骨折って患部を動かさなければ痛みを感じずにいられるんですね~。(それともこれも痛みに鈍いぴいすだから?)

処置は、全身麻酔の元、チタンの串を骨の中心の柔らかい部分に通して骨折部をつなげる、というもの。
コチラが出来上がりのレントゲン写真です。これがホントのウルヴァリン
Photo-0020.jpg

こうして、無事今日のお昼前には退院して帰路につくことができました。日本だったらもっと入院するんでしょうね。
3人で安心して乗った帰りの電車。ぴいすが写真を撮りたいと言うので携帯を貸しました。
Photo-0037_20091106180639.jpg
相手の電車は徐行中とはいえ進行方向が逆だったのに意外にもピシッと片手(非利き手)で撮ったぴいすでした。ぴかと好対照ですね~。

昨日のお昼からの長い長い一日がこうして終わりました。香港は近くはありませんが、安心な医療を迅速に与えることができたので、これが最善の方法だったと私達は信じています。この大騒動の間、子供たちのお迎えのアレンジや思いやりいっぱいのメッセージやプレゼントで支えてくれた友人たちには心から感謝しています。

で、肝心の彼の怪我の原因ですが。。。
休み時間中、鬼ごっこをしていて盛り上がったぴいす、勝手に高いところから飛び降りようとしたんだそうです。ト、トホホ
この記事のタイトルは執刀医の先生が笑顔でぴいすに言ったお言葉より。

Don't be brave. No more jumping from high. You are not superhero.

Halloween Halloween!!

10月30日金曜日は、小学校でハロウィンのパレードとパーティをしました。

まずはパレード。
去年はクーラー付きの広々体育館でしたのに、今年はなぜか灼熱の狭いバスケットコートにて決行!普段着のわたしでも暑い!暑すぎる!(もちろん30℃以上)
そうなのです、ここ広州ではハロウィンはいわば我慢大会。涼しいアメリカや日本のハロウィンとはひと味違います。それでも着ぐるみを果敢に着る猛者達、、、あほあたまがさがります。
コスチュームを着込んで汗だくでとろけゆく子供たちと対照的に元気いっぱいの司会の魔女先生。
P1060325.jpg

心惹かれたのがマイケルズ。
赤いジャケットのマイケル大(先生)を見上げる黒いピカピカ帽子とスーツのマイケル小(1年生)
P1060318.jpg

さて、コスチュームが十分に汗を吸い取ったところで教室に戻りクラスパーティの始まりです。
このパーティでは、食べ物やゲーム等のアクティビティを全て親が用意します。
わたしはぴかのクラスの世話係をしているので、この日のためにクラスの父兄と連絡をとりあい、必要なボランティアを募っていました。

一般的に、キンダーではテーブルに収まらない程の大御馳走が集まるのに対して、高学年になるほど、親の参加と寄付は少なくなります。去年、伝説となったとあるクラスでは、クラスパーティにプリングルス一缶だけが届けられ、それ以外のすべてを世話係がまかなったそうな。ぴかは4年ということもあり、どうなることかと戦々恐々だったのですが・・・

P1060381.jpg

じゃじゃーん!こんなに沢山のトリートを持ってきてもらえました~!
さらに、ゲームにも志願してくれたお母さんがいて、子供たちは5種類ものゲームを満喫し(Donut eating contest, Gross food guessing, Spider Limbo, Wrap the mummy, Hot potato)笑顔いっぱいお腹いっぱい、とっても幸せなパーティでした。
前日にパーティのデコレーションを持っていったら担任の先生が引き受けて当日朝飾り付けをしてくれたので、本当にわたしは連絡係をしただけ。1年を通してあと3回パーティがあるのですが、幸先良いスタートでした。


はぁ疲れた~、と、ここでハロウィンが終わらないのが我が家の常。
夜にはちょっと遠い友達の住むコンパウンドまで遠征し、Trick or Treatに練り歩きました。

ここはとんでもなくでっかいお家が立ち並ぶガイジン地区でして、ここでのTrick of Treatは本当にアメリカにいるようでした。

え~、ここでのわたしのベストコスチューム賞は友達の息子さんです。

P1060469.jpg

ショッキング!!人がサメに食べられています!
口の部分は薄いベールになっていてここに顔があり外が見えます。腕にズボン状の筒をはめ、手に靴を履かせているんですね~。特筆すべきは、このコスチューム、オーダーメイドです。写真を見せればなんでも作ってくれるそうで、ネットで見つけたコスチュームをコピーしたんだそうな。これぞチャイナ・ライフの醍醐味ですね!

歩きに歩いて、友達宅でのパーティもそこそこに夜9時にはおいとま。長い一日でした~。


そして、翌・日曜日は朝からお昼過ぎまでず~っっとこどものサッカーチームのためサッカー場。汗だくになって帰宅したら、シャワーをあび、へとへとの身体にむち打ち、ドア周りの飾り付け。そして夕方、今度は我が家のアパートのハロウィンパーティが始まったのでした。

今度は、アパートの子供たちが我が家にTrick of Treatで廻ってくるので、我が子達を下のロビーに集合させてから、家で子供たちが廻ってくるのを待つ役割の親達は部屋に帰ります。で、このとき、部屋へ戻るエレベータの中、同じくスタンバイをしに一緒に乗っていた友達・モデママの旦那さんのつぶやき。

「なんかマスクでも見つけてかぶらなきゃなぁ・・・」

この一言で、なんだかわたしまで盛り上がり闘志が沸き立ってしまい、慌てて部屋へかけ戻るなり、ぴかが使わなかったマスクを引っ張りだし、子供たちがTrick of Treatで廻ってくるわずかな間に家中駆け回った結果、こんなん出来ました。。。

Photo-0035.jpg

身体は、バスローブを裏表にしてさらに前後ろに着ています。
いま落ち着いて見てみたら、こ、こわい。。。怖すぎる。。。
Japanese ghost! なんて言っておおむね好評だったんだけど、
むしろKKKに見えたかも、、、しかも中身がアジア人という皮肉!

これだけ着込むと暑くてフウフゥ言いつつもキャンディを配り終わり、白装束をはぎ取ってアパート主催のパーティに参加。

DSC_0239.jpg

ハロウィン続きの2日間。あわただしくも子供たちは思いっきり楽しんだのでした

United Nation day

P1060236.jpg

みなさんの優しい励ましに乗って、重い腰をチョピッと上げて昨日さらっと触れたUN dayについて書きます。
UN dayとは、United Nationつまり国連の誕生日です。今年で64歳です。
本当は24日なのですが、今日明日は小学校が懇談会のためお休みなので、昨日お祝いの集会をしました。この日は毎年、子供たちは色とりどりの民族衣装で登校します。

  (ちなみに、、、一昨年の記事はコチラです。)

今年は趣向を変えて、自分が表現していると思う国(衣装、出生地、ルーツなんでも)の名前がアナウンスされたら、ステージに登る、というものでした。
冒頭の写真は、日本の子供たちです。


P1060228.jpg

毎年、圧巻なのが韓国勢。彼らの色とりどりの美しく豪華な衣装は見るだけで楽しくなりますし、なんといっても生徒のマジョリティの一つですから(ちなみに、学校の手紙は英語、中国語、韓国語の3カ国語で配布されます)華やかさも倍増でワクワクしてしまいます。まわりのいろんな国のお母さん達も「あの衣装着てみたい~」なんてときめいていました。

PTA時代のボスである姐さんはあでやかなインドの民族衣装で登場して、
「あら、なんでキモノ着てないの~!?」
なんて言われてしまいましたが、わたしもちゃんと日本のもの着ていたんですよ。
胸にでっかく日の丸と『日本一』の字が躍るカッコいいTシャツ、富士山頂でしか手に入らない幻のアイテムなんだから~

で、その後なりゆきで友達とスターバックスでお茶してジャスコで買物したんですが、中国の街中を歩くの、ちょっとだけ、恥ずかしく落ち着かなかったです。。。



番外編:
この写真は2年前に、広州動物園で見つけた動物です。
夢Pさんのブログを読んで触発されたので、ここに留めておきます。

P1020230.jpg

おまけのおまけ、Satch お誕生日おめでとう~!

母にマッサージ

デコキャラ


一昨日はししが友達のケくんの家でお泊まり、
昨夜はぴかの友達のマーフィルドくん(仮名)がうちにお泊まりをしていました。
先ほど、マーフィルドくんを迎えにきたご両親に引き渡して、家でほっと一息。
さて、例のアレでも使うか、とマッサージ召還してみました。
アレとは、そう、子供たちが母の日に贈ってくれたみすぼらしいマッサージ券です。(過去記事リンク)

 わたし:「こどもたちっ、マッサージ召還!!」
 こども:「え~~っっっ」

自分たちで贈ったくせに・・・ふっ、ま、そんなもんです。

さらには、順番を決めることになり、小さい順か大きい順かで決めかねていたところ、

 しし:「いつもぴかはまん中でズルイよ。頭の大きい順にしようよ!」
 ぴか:「え~、ボク最初~?」

・・・だんとつで頭の大きなぴかなのでした。


おまけ写真は第一パンのポケモンパンについているポケモンデコキャラシールのコレクション。
これらを整理するために、ウィキで各ポケモンについてリサーチし、進化順に並べてファイリングすると言う偉業を成し遂げたわたしは細かくて大雑把なO型です。

Who?

ししはは

Author:ししはは
日々、チャイナをパパラッチしたゆかいな写真や、おもしろかったこと、話し足りなかったことを綴って、だれかとシェアしたいのです。

もともとは、下のリンクにある旧ブログからお引っ越ししてきたのですが、中国国内からFc2ブログへのアクセスがブロックされているため、当分はこちらのブログはお休みして旧ブログにて更新をしています。あしからず~

Latest Ones
Comments
By Month
Genre
TBs
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Search!
Links
Be a Friend :)

この人とブロともになる

RSS Link
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。