スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠けた壺 のおはなし

つたないながらも、下のcracked potのお話を訳してみました。興味のある方はどうぞ~



ある中国のおばあさんは二つの大きな壺を持っていました。それを棒の両端に下げて首にかけて運ぶのです。一つの壺は完全な形をしていていつもまるまる壺一杯分のお水を運ぶことができるのですが、もう片方には欠けているところがありました。おばあさんが小川からお家までの長い道のりを歩き終えると、いつもその欠けた壺には半分のお水しか残っていないのでした。

おばあさんが壺一つ分と半分の水を家まで運ぶ日々が二年過ぎました。もちろん、完全な壺は自分の成し遂げた仕事に誇りを持っておりました。しかし一方のかわいそうな欠けた壺は、自分の欠点を恥じ、するべき仕事の半分しかなせないことを悲観し、それを酷い失敗だと感じておりました。

そんな二年がたち、欠けた壺はある日、小川の横でおばあさんに話しかけたのでした。
「わたし、わたしのことが恥ずかしいわ。だってこのわたしのよこっちょの欠けたとこは、おばあさんがおうちに帰るあいだじゅう、ずっとお水をちょろちょろもれ出してしまうんだもの」

おばあさんは微笑んで言いました。

「あなたは今まで小道のあなたが通る側にお花が咲いているのに気づいたかしら?もう一方の側にはないのよ?」

「あなたからお水がもれることをいつだって知っていたからね、だからあなたが通る側の小道にお花の種をまいたのよ。毎日毎日わたしたちが歩いて帰る間、あなたはお花にお水をやっていたってわけ。」

「二年もの間に、わたしはきれいなお花を摘んでテーブルに飾ることもできるようになったわ。あなたがあなたのまんまでいてくれなけりゃ、こんな風にお家を彩る素敵な事もできやしなかったわ。」

  

わたしたちひとりひとりも、みなそれぞれに独特な水もれを持っています。でも、わたしたちがそれぞれに欠けたところとそこからもれ出るお水を持っているからこそ、わたしたちは人とともに暮らし、その生活はより興味深く実りあるものになるのです。
あなたが周りのそれぞれの人のあるままをとらえれば、それぞれの良さを見いだす事ができるようになります。

そう、だからわたしの“欠けた壺”なお友達たちへ、ただあるがままのあなたのことをわたしはだぁい好きですよ。
良い一日を!そしてあなたの側の小道に咲く花の香りを楽しむことを忘れないでね!
スポンサーサイト
Who?

ししはは

Author:ししはは
日々、チャイナをパパラッチしたゆかいな写真や、おもしろかったこと、話し足りなかったことを綴って、だれかとシェアしたいのです。

もともとは、下のリンクにある旧ブログからお引っ越ししてきたのですが、中国国内からFc2ブログへのアクセスがブロックされているため、当分はこちらのブログはお休みして旧ブログにて更新をしています。あしからず~

Latest Ones
Comments
By Month
Genre
TBs
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search!
Links
Be a Friend :)

この人とブロともになる

RSS Link
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。