スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年快楽!

Photo-0001_20100214154412.jpg 玄関に謎の生物!?




Photo-0002_20100214154412.jpg

そう、今日は旧暦の元旦、中国では今日から新年なのです。そこで獅子舞がやってきました。
中国の獅子舞は、リズムカルな大太鼓と景気の良い賑やかなシンバルのテンポの良いリズムに乗って行われます。この獅子たちは、いかめしい名前と違いとっても可愛くてベジタリアンです。菜っ葉を食べます。踊りの後は、レタスを食べ、さらに食べたレタスや林檎を主催者にも分け与えます。その後は、ロビーの中の各所の柱の上に備え付けられたレタスを食べて廻ります。

Photo-0004_20100214154411.jpg もぐもぐ

Photo-0007_20100214154411.jpg フロントでも、もぐもぐ

こちらには、独特の紅包文化(過去記事リンク)があります。
(紅包:ホンバオ) = (日本のお年玉) + (アメリカのチップをこの時期に凝縮したもの)
とでもいいましょうか。
この日のために新札を銀行で集め、せっせと内職して封筒にお金を入れたのでした。
紅包をあげるのは旧暦の1月15日まで。チップ文化に慣れない日本人である我が家もこのときばかりは太っ腹に振る舞います。

みなさん、新年快乐! 恭喜发财! Happy Valentine's day!
明日からはべトナムに遊びに行ってきま~す!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中国恐るべし

中国新年の獅子舞が全世界のチャイナタウンからニュースになってますよね。それを見て、地球人口の半分はチャイナじゃないかと、
マジ思いました。(たぶん近いと思う)
中国との戦いなんてもうありえへん。
全世界でみんな地球人だあ~~仲良くしよう。

ってことで、ベトナムはいいらしいわね。旅した友人が皆、
よかったあ~~~といってます。
楽しんできてね。
記事待っているね。

ししははさんへ

中国の獅子舞はオリジナルなんですねv-290
レタスを貰って歩くなんて可愛いですね~
日本のユルキャラより可愛いかも。

ベトナム旅行いいですね~
美味しいものいっぱい食べてきてねv-398

Re: 中国恐るべし

夢P様、帰って参りました~!
もちろん、べトナムだって旧正月一色、獅子舞がいましたよ。去年の旧正月はタイのサムイ島に行きましたが、そこにもいました、獅子舞。サムイのは中国の伝統をエンターテイメントに呼びました~的な雰囲気もしましたが、べトナムのは、中国由来の自国の文化としての獅子舞だったと感じました。べトナムでの旧正月の祝い方やデコレーションは多いに似ていて、中国からの影響を色濃く感じさせます。純粋なチャイナだけでなく、チャイナ由来を勘定に入れたら、人口の半分って意外と的を得ているかもしれませんね。(そのときは日本も数えられちゃうんでしょうか?)

そんなアジアの人々が、日本のお正月を目にしたら、さぞやビックリするだろうなぁ~と今回思いを馳せました。
上記写真の舞獅(いわゆるLion Dance)は、べトナムでも基本的にほぼ同じでしたが、日本では風呂敷で覆った胴体部と赤い獅子頭に。。中国ではお決まりの、出入り口に飾る紅包を華やかにいくつも吊るし付けた可憐な桃の木の鉢は、べトナムでは艶やかな黄色い花咲く木に変わっていましたが、日本ではなんと門松。。。

日本の文化って、悠久のときを超えた壮大な伝言ゲームの末に、思いっきり独創的になってしまってオリジナルとは似ても似つかなくなってしまった、って感じがありますよね。つくづく面白いです。

Re: ししははさんへ

そうなんです、中国の獅子舞(中国語では舞獅wushi、一般的に英語でライオンダンスと呼ばれます)って、可愛いんですよ。
でもね、お囃子がとっても大音量なので非常にうるさい賑やかです。

べトナム、とっても良かったです~。観光地の土産売りのおばちゃんなんかは、日本語の押しの強いセールストークは流暢でしたが中国語は通じなかったので、日本から沢山観光客が行くんでしょうね。改めて記事を書きますね~!

ししははさん、こんばんわぁヾ(≧∇≦)〃

無事お帰りなさい、
べトナムの記事かと思いましたが・・・
お疲れが取れたらぼちぼちUPして下さいね、
楽しみにしていますよd(*^o^)グ~♪

Re: ししははさん、こんばんわぁヾ(≧∇≦)〃

うわぁ、みみやすさん、ごめんなさ~い!
遅筆のため、時間がかかるんです~。
それに、今日は大切なお友達が帰国してしまったので、そのお見送りですっかり書き出すのが遅れてしまいました。エキスパット生活の宿命とはいえ、寂しいことですが、それだけ多様な出会いに恵まれることを感謝して、おつきあいを大切にしようと思う日々です。
Who?

ししはは

Author:ししはは
日々、チャイナをパパラッチしたゆかいな写真や、おもしろかったこと、話し足りなかったことを綴って、だれかとシェアしたいのです。

もともとは、下のリンクにある旧ブログからお引っ越ししてきたのですが、中国国内からFc2ブログへのアクセスがブロックされているため、当分はこちらのブログはお休みして旧ブログにて更新をしています。あしからず~

Latest Ones
Comments
By Month
Genre
TBs
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Search!
Links
Be a Friend :)

この人とブロともになる

RSS Link
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。